勉強するな?

もしあなたが、◆スタミナ切れが早い◆腱鞘炎・関節炎◆手首・指の関節、手のマメ・タコが痛い◆リラックス出来ない◆音色が汚い◆ルーディメンツがしょぼい◆音の線が細い◆ルーディメンツの上達が遅い◆ ・・・などにお悩みなら、あきらめる前に試して下さい » スティックコントロールの基礎の基礎

あなたは、タンクになりたいの?

あ、いやいや、ごめんね。
近頃そう言いたくなる人が多くてさ。

ためてばっかり。
食う一方。

これがアンバランスだってのは誰でも知ってる。

でも、こと自分の学びとということになると、
そのことに気がつかない人がとたんに多くなるものらしい。

あなたはどう?

教則・参考書・Web、あらゆる情報を求めては
ひたすら知識を仕入れ続ける。

ためる一方。仕込む一方。

何で?

そりゃもちろん、上手くなりたいからだよね。
俺だって同じだ。

でもね。
ちょっと考えてみてよ。

入力を繰り返せば何かができるようになるのだろうか?

残念ながら、人の頭と言うのはそうはなっていないようだ。

学校の勉強だって、ひたすら話だけ聞いて、
それであらゆる問題を解けるようになったかい?

おそらく違うと思う。

人が何かを習得するとき、「4つの段階」というのを通るんだ。
聞いたことがあるかな?

  1. 「知らない&できない」の状態。
  2. 「知ってる&でもできない」の状態。
  3. 「知ってる&意識すればできることがある」の状態。
  4. 「知ってる&意識しなくても、ほぼいつでもできる」の状態。

クルマの教習にたとえてみようか。

1は免許もなければ、運転したことなんてまるでない状態だ。

で、1から2に行くためにはとにかく知識を入れること。
座学はこれだね。教習所の学科教習もそうだ。

2から3に行くためには、教わったことを「明確に意識しつつ」やってみる。

人間、1度に意識できる数は個人差はあれどそう多くはない。
だから、ポイントを絞ってひとつひとつ「しっかり意識しながら」やること。

教習所でクルマに触り始めた頃って言うのがこれに当たるだろう。

「前後を確認してドアを開け、乗り込んだらミラーの位置を確認して・・・」
・・・ってやつだね。

3から4に行くためには、それをやるのに必要なことをすべて意識しながら
何度も、何度も、何度も、何度も・・・
繰り返すしかない。

教習所だったら、「見極め印」をもらうまで繰り返すわけだね。
で、最低限の操作・判断が4に達した時に、始めて路上に出られる。

わかるでしょ?

何かをできるようになる過程の中で、
「情報を仕入れる(=インプット)」っていうのは
わずか4分の1でしかないんだよ。

重要なのは3と4なわけだけど、3も、4も、結局は
「やってみる(=アウトプット)」を「繰り返す」
ということに尽きる。

どれぐらい繰り返せばいいのかはたしかに個人差があるが、
繰り返さなければならないっていう部分に変わりはない。

え?いきなり上手くやるやつがいるじゃないかって?

一度もやったことがないのに上手くできたんだとしたら、
それは才能でもなんでもない。

・・・ただのまぐれだ。

なぜそういえるか?

結果をコントロールしてないからさ。

いいかな?
ちょっと語弊があるかもしれないけど・・・

何かが「うまい」というのがどういういことか。

それを明かそう。

「うまい」とは「ほぼいつでも意図通りの結果を出せる」こと

なんだ。

言い換えると、

いつでも結果をコントロールできる

ってこと。

何かを始めてやる人が、結果をコントロールできるっていうのは
ほとんど信じられない話だ。

まして、何度繰り返してもそうなるってのは、誰だって信じられないよね。

もちろん、そういう人も中にはいるかもしれない。
世の中広いからね。
もし、本当に本当にそうなんだったら、そういうのを天才と言うんだろうね。

でも、まあそういうごくごく一握りの人たちはさておき。

俺らがこだわってるのは結果でしょ?
あなはた結果を出せるようになりたいんだよね?

意図した結果を出せるようになりたいんだよね?

なら、知識ややり方のインプットももちろん大事だけど、
もっと大事なのはそれを何度もやってみること。

アウトプットを繰り返すことだ。

ナニナニ?

仕入れた知識が間違ってるかもしれないから、
とにかく仕入れるだけ仕入れるんだって?

ま、その気持ちはわかる。

ただね。

間違いって何さ?

これを言い出すとまた長くなるし、
例によって今回のポイントがぼけるのは本末転倒だ。

だから、「間違い」については必ず次で書くから、
今回はこれだけしっかり腹に収めてほしい。

インプットだけになっていないかい?
どれだけアウトプットしてるかい?

インプットとアウトプットの比率は最低でも5:5。
イン3、アウト7でもいいぐらいだ。

数字に完璧な根拠はないが、俺の経験則的に。

アウトの方が多くて良い理由はあるんだけど、
またここでピントがぼけるのを避けるために、今回は省略するよ。

もう一度確認しよう。

あなたは、ドラムを上手に叩けるようになりたいんでしょ?
まさ、知識タンクになりたいわけじゃないよね?

なら、今やれることから始めて、それをしっかり繰り返す。
そして、あなたが望む自分になろうよ。

そして、とても大事なことを。

自分を信じてやってほしい。
人間は、繰り返せば上達するようにできてるんだよ。

では、また次回。

当サイトを応援しても良いなと思っていただけたら、クリックお願いいたします!
↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。