もしあなたが、◆スタミナ切れが早い◆腱鞘炎・関節炎◆手首・指の関節、手のマメ・タコが痛い◆リラックス出来ない◆音色が汚い◆ルーディメンツがしょぼい◆音の線が細い◆ルーディメンツの上達が遅い◆ ・・・などにお悩みなら、あきらめる前に試して下さい
» スティックコントロールの基礎の基礎

オリジナル教材について

昨年発表したオリジナル教材
「Secret Weapons for the Modern Drummerを32倍使いこなすコンセプト」
について何件かのお問い合わせをいただきました。

現在、中々思うように時間が取れず、
通常の記事を書くこともままなっていない状態です。

しかしながら、お問い合わせ下さった方々を
そのまま放っていくわけには行きません。

それに、今後もお問い合わせがあるだろうことが
ある程度予想されるため、記事として書いてお知らせすることにしました。

この教材とはどういうものかというと、
私がサイトで提言している「勝手に上手くなる自分」になるための
基本的な考え方と具体的な実践方法、

そしてモーラーやグラッドストーンの底辺にある、
非常に重要な「共通テクニック」の基礎
について、
「これでもか」というほど徹底的な解説を試みたものです。

もっと詳しくお知りになりたい方はこちらのページをご覧下さい。

率直に申し上げると、こちらは原則的には現在販売を休止しております。

問い合わせがあるのになぜ販売しないのか?

それには2つの理由があります。

ひとつ目の理由。

この教材には1年間の無制限サポートが付いています。
教材に記された内容に関する限り、1年の間は何度でも
質疑応答を受け付けるというサービスです。

ご承知のように、悩みの種類や深さは人それぞれです。
また、ある人に通じた説明が他の人に同じように通用するとは限りません。

ですから、完全に個別に、一対一で読者さまと向き合い、
それぞれの質問に真剣に対応していく必要があります。

ちょっと想像していただけばわかるとは思いますが、
これは考えるよりもはるかに大変な作業となります。

ただ数だけ売れればいいのだったら
サポートなんてつけずに売りっぱなしにすればいいと思うかも知れません。

でも、それは私の目的とは違うんです。

この教材を販売している目的。

それは、基礎の基礎の奥にある大前提をマスターすることで
読者の方に上達してもらうこと。

そして、その対価としていただいたお金をさらなる調査費用と
このサイトのためのサーバー維持費に充てること。

教材のもととなる情報はすべてアメリカ・ドイツ・イタリアから
取り寄せたものであるため、既にかなりの額の調査費用をかけています。

そして、「さらなる調査」の結果は新しい教材となって
読者の方にフィードバックされる。

(私がこのサイトや教材で目指しているのはそういう循環です)

お金は調査費とサーバーの運用がまかなえさえすればいい、
つまり、循環が維持出来ればいいということです。

ではその循環から何を生み出したいのかといえば、
一貫した良質の情報を読者さんに届けて上達してもらうことです。

そのようなわけで、サポート抜きにしてただ売りっぱなし、というのは
とても不本意なわけです。

理由の二つ目。

私には、情報のプロ、IT&情報活用コンサルタントとしての顔があります。
私のそちらのスキルを評価してくださっている方々がいらっしゃる、ということです。

そして、そちら方面で現在スケジュールが立て込んでおり、
時間の多くをそちらに割かねばならない状況にあります。

したがって、先ほど説明したサポートメールを書くための
十分な時間を取ることが難しいです。

現在も数十人の読者さまとやりとりさせていただいていますが、
一人ひとりが真剣で、本気で上達を目指しているのが
文面から伝わって来ます。

そういう方々に、型通りの手抜きなメールを送るのは何とも失礼です。
だから完全個別対応という形を取らざるをえないのです。

参考までに、ある教材読者さまから頂いたメールの返信を掲載します。
(もちろんご本人からは承諾をいただいています)

こんばんは。○○です。

お返事遅れまして、すいません。
年度末、仕事が忙しいながらも、音楽活動も頑張っています。

私の場合、教材ももちろん役だっているのですが、
それ以上に、stvjrさんとのメールのやり取りから大きな収穫がありました。

stvjrさんとのやり取りで「個性」について理解しました。
演奏のみならず、「(ちょっと変わった)性格」と「個性」の違いが
自分の中で、はっきりしました。

とても大きな発見でした。

そしていかに「個性」ある人間が少ないかも
よくわかりました(自分もまだまだですが・・・)。

メンタル的に変わること、これはテクニック的に変わることよりも
何倍も演奏が変わるのではないかと実感しています。

ご理解いただけるでしょうか?

型通りの手抜きなメールでは、読者の方のここまでの深い理解を
助けることは到底できないのです。

しかしながら、だからと言って私のITスキルを頼りにして下さっている方の
期待を裏切ることもできません。

だから、時間の割り振りを考えながら
どちらも上質のクオリティを確保するようにしなければなりません。

そのような訳で、教材読者さんの数が今以上に増えると、
完全個別対応のサポートメールを真剣に書くことが
ほとんど不可能になってしまうのです。

3月中旬まではこの状況が続く見込みです。

この時期を過ぎれば、サポート枠がある程度確保できるはずですので、
その時点で数量限定で販売を再開する予定でいます。

その時になったらまたサイト上で告知を出しますので、
もしあなたが教材への興味をお持ちなら、その時また当サイトをのぞいてみて下さい。

また、「それまで待てない、今どうしても欲しい」とおっしゃる場合、
何がなんでも絶対に売らない、ということはありません。

ただし。

「今のところ十分なサポートはつけられない」ということについては
既に説明しております。

購入を申し込まれる場合はその点を十分ご理解いただくよう、ご注意下さい。

では、長文お読みいただき、ありがとうございました。

当サイトを応援しても良いなと思っていただけたら、クリックお願いいたします!
↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ
にほんブログ村

オリジナル教材について」への4件のフィードバック

  1. 楠田

    はじめまして。楠田と申します。
    12年ぶりにバンドを再開しましたが、以前より冒頭でおっしゃられていた不満が私にも多々あります。
    好きでバンドをやっているだけですが、出来れば技術的に少しでも上手になりたいと思っております。
    もう歳ですし、今さらと思っていましたが、あなた様のブログと出会い、この教材を是非読んでみたいと思いました。
    いつごろ教材を再販売されるのでしょうか。
    教えていただければ、幸いです。
    よろしくお願いいたします。

  2. stvjr 投稿作成者

    楠田さま

    stvjrです。

    コメントいただきありがとうございます。

    また、私の教材に興味を持ってもらえて
    嬉しいです。

    現在、こちらの教材につきまして、少々
    わかりにくい状況になってしまっていますね。

    関心持ってくださってる読者の方々には
    恐縮な気持ちでいっぱいです。

    メールで直接お問い合わせをいただくことが
    ここの所また増えて来ています。

    なので、この場を借りてさらに補足の説明を
    させて頂きますね。

    この教材は「サポートまで含めて1セット」で
    あるべきなんじゃないか?という私自身の
    本教材に対する認識がそもそもの発端にあります。

    つまり、

    サポートがない状態で本体だけただ売ってしまうと、
    概念的な内容があまり得意でない読者さまの
    場合に、十分な理解や体得を実感できないことが
    あるのではないか、ということを危惧しているんです。

    しかしながら、ある程度の経験者の方の中には
    「とにかく内容を知りたい」というお気持ちを
    持たれている方もそれなりにいらっしゃる、
    というのもわかります。

    この場合は、十分なサポートをつけられない
    ことをご了承いただいた上で、もちろん販売させて
    いただいています。

    ですので、

    この「表向き休止」というわかりにくい言い方は、
    要は「本来のあるべき1セット(と私が勝手に思っている)」
    では販売していませんよ、という意味なんです。

    わかりにくくて大変恐縮です。

    また、「いやいや、こちらだってそれなりに
    経験も知識もあるんだから、そんな心配するよりも
    とりあえず読ませてみろよ」という意見も
    実際いただいています。

    何より、教材そのものにとても興味があるから
    とにかく譲ってくれというご連絡をちょくちょく
    いただきます。

    これはとてもありがたいことで、
    作者冥利につきますが…いずれにしても、

    そのようなわけで、その辺りのことを
    あまり心配せずにサポートなしでもいいから
    再販を考えてみてもいいのだろうかと
    思い始めているところです。

    楠田さまをはじめ、この記事を読まれた
    あなたはどのようにお考えになりますか?

    皆様の声を頂いて、その上で再販プランを
    考えてみたいのです。

    よろしくお願いいたします。

  3. 楠田

    ご返答ありがとうございます。
    私としては、できればstvjr様のサポートを頂きたいと思います。
    今後、今までと同じようなサポート有の教材販売をする予定はあるのでしょうか。
    もし、今後、予定が無いということであれば、教材だけの購入を考えるのですが。

  4. stvjr 投稿作成者

    楠田さま

    もちろんサポートつきの
    販売再開は考えてはおります。

    少々微妙な問題を含むことなので、
    詳しくは直接メールを差し上げますので
    そちらをお読みいただけますでしょうか。

    よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。