もしあなたが、◆スタミナ切れが早い◆腱鞘炎・関節炎◆手首・指の関節、手のマメ・タコが痛い◆リラックス出来ない◆音色が汚い◆ルーディメンツがしょぼい◆音の線が細い◆ルーディメンツの上達が遅い◆・・・などにお悩みなら、

あきらめる前に試して下さい »

スティックコントロールの基礎の基礎

場というありがたさ。

2012年9月22日

恒例の川越Jammin’セッションに来ています。

ホームグラウンドということもあり、
ほとんど何も考えずに今日は楽しんでいます。

うん、完全にお客さん目線。
セッションに来て「あー、楽しかった」という人は
何を期待し、何に満足して帰るんだろう?

そういう感覚を取り戻すためにはこういう立場での
参加がどうしても必要になります。

もちろん、最初はそういう意気込みで行くわけなんですが
現場に入ったら最後、完全に酔っ払い(笑)

でもね、不思議なものです。

それをしに行く、って目的が固まっているとね。
酔っ払っていても(まあ限度はありますが)
後から思い出せるもんなんです。

必要な情報なり、持論を裏付ける場面なりが
後から思い出されたりするんですよ。

これが、われらが持つ「脳」のマジカルな機能の一つなんです。

何にフォーカスして行くのか?
何を得に行くのか?

これが固まっていると、
常に意識的でなくても、後から
必要な場面を思い出せるもんなんです。

とても大事なことです。

漫然と臨むのではなく、目的意識を持って臨む。

そうすると、たとえ現場で酔っ払っていたとしても
(限度はありますが)必要な情報を集められる。

そんなもんなんですよ。

あなたもどうか試してみてください。

何の立場で、何を得に行くのか。

それをしっかり決めてから場に
臨んでみてください。

数回繰り返せば、私が何を言っているのか
分かっていただけるはずです。

発表より10年、いまだに売れてるスティックコントロールの基礎の基礎を伝える独自教材

当サイトを応援しても良いなと思っていただけたら、クリックお願いいたします!

にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ
にほんブログ村

ドラムランキング