もしあなたが、◆スタミナ切れが早い◆腱鞘炎・関節炎◆手首・指の関節、手のマメ・タコが痛い◆リラックス出来ない◆音色が汚い◆ルーディメンツがしょぼい◆音の線が細い◆ルーディメンツの上達が遅い◆ ・・・などにお悩みなら、あきらめる前に試して下さい
» スティックコントロールの基礎の基礎

ご意見募集(レギュラーグリップについて)

お久しぶりとなってしまいました。
stvjrです。

やっとスポット的に時間を見つけることができましたので、
サイトとメールセミナーで1つずつ記事を書いて行こうと思います。

で、早速。

推測がみごとに外れました。

なんの話かって?

それは、表題にも書いたレギュラーグリップのことです。

当初「たいしたニーズはないのではないか?」と
勝手に推測して省略していたんですが、

どうもそうではないらしい… orz

と思わせられる出来事がありまして…

それを確かめるために、
あなたのご意見を頂戴したいと思っているのです。

要は、

レギュラーグリップにチャレンジしてみたい

とか、

もっと精度を上げたい

とかお考えになっている方が

果たしてどれぐらいいらっしゃるんだろうか?
どれぐらい熱心にそれを希望しているんだろうか?

…というのを知りたいのですね。

実は少し前に、某SNSでそんな内容のことをつぶやいている
お友達の方がいらっしゃいまして、それがキッカケで
セッションなどで知り合ったドラマーさんと話してみたんです。

そしたら、「興味はある」との答えが意外にも多かった。
内訳はこんな感じでした。

「使っていないが、できればいいと思う」・・・1割弱。
「使っていないが、是非できるようになりたい」・・・1割強。
「現在メインがレギュラーであり、精度を高めたい」・・・1割。

「無関心ではない」というレベルで見れば、
単純に上記を合算すればいいことになりますので、
都合3割程度。

レギュラーグリップに関する情報を求めている方は、
これだけいらっしゃる、ということなんです。

実は、当初は上記トータルで1割いればいいか、と
思っていたんですね。

見事に想像を覆されました。

まあ、レギュラーグリップメインの私にとっては、
この数字は「嬉しい想定外」だったのは言うまでもありません。

だって仲間は多い方がいいですからね。

で、この方々がぶつかっている壁(というか障害)は
ほぼ同じ内容でした。

  • そもそもやり方がわからない
  • 教本の通りやってみてはいるが全然しっくり来ない
  • 速いフレーズに向く、とか云われてるけどウソでしょ?全然動かない。
  • 二の腕がすぐ疲れて使いものにならない。
  • 皮が剥けてツライ(親指の股、薬指など)

…とまあこんな感じで、内容がかぶっている方が多かったです。

で、お持ちの方はすでにご存知のとおりだとは思いますが…

私のオリジナル教材「“Secret Weapons for the Modern Drummer”を
32倍使いこなすコンセプト
」は、モーラーやグラッドストーンの底辺にある、
ある「共通テクニック」とその重要性、それを習得したり、使いこなすための
メンタルやマインドセットを解説したものなのでですが…

紹介しているのは何と「マッチドグリップ」に関してのみです。
レギュラー左手の解説がありません。

なぜ書いてないのか?
省略してあるのか?

その理由は上にも書いたように読者さまの
要望の実態を見誤っていたからなんです。

なので、「じゃ作れば?」という意見が出てくるのは
自然な流れです。

ただし、いきなりこの制作に着手するのは
かなりハイリスクなんです。

なんでかって言うと、上記“Secret…”でも具体的な
奏法・練習法の解説に130ページ以上のPDFの約半分を割いています。

比較的とっつきやすいマッチドですら
このボリュームになります。

少々とっつきにくく、感覚の覚えにくいレギュラーでは
なおさらになることは想像に難くありません。

これのコストはページ数からざっと換算すると約3週間。

文筆活動というのは半端ない集中力を使いますので、
この間、通常のなりわいであるIT屋稼業にはタッチできません。

つまり、最低でも3週間分の生活費をペイできるほどに
売れてくれないと、完全な赤字…というリスク。

私がよくても家族は許してくれませんし、
こうしたことが続くとこちらの活動が制限されてしまう恐れもあり、
それは本末転倒。

なので、ここは手堅く行きたいのです。
(はい、とても勝手で個人的な事情を話しています。ゴメンナサイ!)

そこで、おたずねします。

もしあなたがレギュラーグリップ習得・向上に興味がおありなら、
私を助けると思って是非教えて欲しいのです。

もし情報をいただければ、そのお礼に
教材が完成した時の頒価を3割引にさせていただきます。

情報を頂ける場合は、以下の質問にお答えいただいた上で、
メールでお知らせ下さい。

何でメールかって言うと、教材が完成してあなたが購入頂く運びとなった場合に、
情報を下さった方かどうかを照合するのにこのメールアドレスが必要になるからです。

何で照合するのかって言えば、それはもちろん
お礼の頒価3割引を適用させていただくためです。

なので、以下の質問にお答えの上、
メールで教えて下さるようお願いいたします。

では、具体的に質問を記しておきます。
「お気軽に、率直に」お答え下されば結構です。

  1. あなたはレギュラーグリップに関する情報を求めていますか?
  2. どのぐらい熱心に求めていますか?
    【例】
    習得しないとやばい(先に進めない、など)
    やばくはないが、是非習得してみたい
    現在レギュラーメインであり、より向上させたい
  3. レギュラーグリップに興味を持った理由は何ですか?
    【例】
    あこがれのドラマーが使っているから。
    何となくカッコイイから(職人ぽく見える、など)
    やっているジャンル的に レギュラーの方が合うから
  4. 上記教材が出来上がったとして、頒価がいくらなら
    購入してもいいと思いますか?
    (内容によるとは思いますが、おおよそ、“Secret …”
    マインドセット部分を割愛し、レギュラーグリップに特化した
    説明を加えたものとお考え下さい)

ご回答は以下のアドレスまでメールでお願いします。

白澤<webmaster@drumlife.info>

当サイトを応援しても良いなと思っていただけたら、クリックお願いいたします!
↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。