もしあなたが、◆スタミナ切れが早い◆腱鞘炎・関節炎◆手首・指の関節、手のマメ・タコが痛い◆リラックス出来ない◆音色が汚い◆ルーディメンツがしょぼい◆音の線が細い◆ルーディメンツの上達が遅い◆・・・などにお悩みなら、

あきらめる前に試して下さい »

スティックコントロールの基礎の基礎

Jammin’ セッションデー初回レポート

2012年9月22日

いやー、盛り上がりました。

ってか、おっかなびっくりやってみた割には
大成功だったといえるのではないでしょうか。

あれほど濃い内容になるとは思いもしませんでした。

それでいて、初めてセッションに参加する人も腰が引けるでもなく、
堂々と参加してプレイしていたし。

初めての人でもすんなり入れる間口の広さと、
濃いのが好きな人でも満足できる多様性(?)が同居した、
とてもいい感じのセッション空間になりそうです。

当日はなぜかベーシスト3人、ドラマーは私を含め4人いて、
私はホストメンバーでありながらドラムは3曲ほどしか叩かず
ボンゴとカウベルでラルフ・マクドナルドになり切ってました(笑)。

選曲もお約束の3コードブルースあり、1コードアドリブ大会あり、
懐かしのオールディーズありでバラエティに富んでいて、
一般のお客さんもちらほらいたんですがとても好感触でした。

 

9月から基本毎週やる予定のようです。

(ライブや貸切が入った時はそちらが優先)

しかも参加費無料!

信じられない。

知っている人は知っていることですが・・・

セッション経験というのは、リズムキープ能力、引き出しなどの
アンサンブル・スキルを劇的に向上させ、本番のあがり性の克服に
これ以上ないほど効果のあるものなのです。

ささ、そこのあなたも!
来れる距離なら遠慮や引っ込み思案はもったいないですよ。

オーナーの心意気に応えようではありませんか!

一見「空気の出来上がった感」があって入りづらそうに感じるかもしれませんが、
途中で入って来ようとなんだろうと仲間同士になれてしまう音楽の魔力を感じられるのも
セッションならではです。

みんなが俺(or あたし)を待っている

ぐらいの気持ちで来て見てください。

経験積めて、スキルが上がって、上手い酒飲めて、仲間が増えて。
こんなにイイことってなかなかないですよ?

では、セッションでお会いしましょう!

発表より10年、いまだに売れてるスティックコントロールの基礎の基礎を伝える独自教材

当サイトを応援しても良いなと思っていただけたら、クリックお願いいたします!

にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ
にほんブログ村

ドラムランキング